「日露戦争」の経過と結果(その1)

最新作を読みたい方はこちらでご登録ください(無料)
    ↓↓↓↓
メルマガ購読・解除
 

はじめに(「令和」最初のメルマガ配信にあたって)

 

 35回目となる今回は、「令和」に入って2日目の記念すべきメルマガとなりました。今回以降、3回にわけて「日露戦争」の経過と結果を振り返りますが、私など元自衛官にとっては、いわゆる「戦史」としてなじみがありますし、何と言っても“勝ちいくさ”ですからつい筆が走ります。

 

 ただ、「メルマガ軍事情報」の読者とはいえ、よほど興味のある読者以外は少し難解かと思います。だからこそ、歴史家などがあまり立ち入らない分野でもあるのですが、「徴兵制」を発布してわずか30年あまり、こんなにも強かった明治時代の先人たちに敬意と感謝を込めて“戦場の実相”をなるべく正確に振り返りたいと考えます。地の利はあっても、なんせ相手は当時世界最強ともいえる軍事大国・ロシアです。先人たちが“しびれた”ことは容易に推測できます。

 

 翻って、現在の日本人にはこのような「強さ」があるのだろうか、ないのならその原因は何だろうか? 周辺情勢などから再び強くなる必要はないだろうか、強くなるためにはどうすればいいのだろうか? 総じて、アメリカや中国やロシア、そして何かと腹立たしい某半島などの狭間に位置し、地政学的にも「ひよわな花:日本」は、この安寧を維持するためにいかにあるべきなのだろうか、これらのヒントを得るために歴史から何を学べばいいだろうか・・・などを考えつつ、いつもメルマガ原稿に向かっています。「令和」になっても続けます。皆さまにも本メルマガを通じて一緒に考えていただければ望外の喜びです。

 

なぜ日露両国のみの戦争に留まったか?

 

さて、前回説明しましたように、「日露戦争は第0次世界大戦だった」と分析する歴史家がおります。その訳は、その特色が、@総力戦だったこと、A機関銃が本格的に使用されたことなどから世界の戦史上重大な節目になったことのようです。

 

「日露戦争」には、欧州などから70人以上の「観戦武官」が派遣され、両国の戦いを間近に観戦していました。この「観戦武官」制度の起源は明らかではないのですが、19世紀半ば頃に確立したといわれます。我が国からも「普仏戦争」時の大山巌、「米西戦争」時の秋山真之などが有名ですが、「日露戦争」時には、イギリス、アメリカ、ドイツなど13カ国から派遣の申し入れがありました。

 

特に「日英同盟」のイギリスからはハミルトン中将以下33人の大所帯、アメリカからはマッカーサー中将(ダグラス・マッカーサーの父)などが観戦し、戦場の実相や戦法などが「観戦武官」を通じて世界中に拡散し、第1次世界大戦などに多大な影響を及ぼすことになります。

 

それゆえに、「第0次世界大戦」とだったものと考えますが、この「観戦武官」制度、第1次世界大戦以降は自動車や航空機などの輸送手段の発達によって「戦域」が広がり、1人の武官が戦闘を観ることが不可能になったため、自然消滅しました。

 

他方、「日露戦争」は、戦争そのものは日本とロシアの2国に留まりました。それにも訳があります。1904(明治37)年2月8日に戦争が始まり、9日にロシア、10日に日本が宣戦布告すると、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツ、イタリアなど西欧諸国のほとんどが局外中立を声明しました。まさに「1カ国と交戦状態になった場合は中立を守り、2カ国以上と交戦状態になった場合は参戦の義務がある」と定めた「日英同盟」がフランスをはじめ他国を牽制したのでした。

 

清国も満洲除く各省および内外蒙古の“局外中立”の声明を発しました。韓国(大韓帝国)は当初、日露のいずれにつくか迷っていましたが、日本の第1軍が仁川に上陸して京城を経て平壌に前進し、かつ旅順沖の緒戦で日本が勝利するやようやく態度を決し、2月23日、日本の軍事行動に対する便宜供与を含む「日韓議定書」に調印しました。

 

また、日露戦争勃発後の4月8日、イギリスとフランスは、ドイツのアフリカ進出に対する警戒から「英仏協商」を締結しました。これによって、「百年戦争」(14〜15世紀)以来、数百年にもわたる英仏間の対立関係は終止符を打ちました。この条約は、やがてロシアを含む「三国協商」に発展しますが、この時点では、ロシアに痛手を与えることになりました。ロシア外交の基軸だった「露仏同盟」が「日英同盟」に対抗する力を持たないことが明らかになったのでした。

 

朝鮮半島の確保

 

「日露戦争」においては、「旅順要塞の攻略」「奉天会戦」「日本海海戦」などがあまりにも有名ですが、それらの前後の経過も簡単に振り返ってみましょう。まず、日露戦争の原因ともなった朝鮮半島の戦闘です。戦争の目的はこの朝鮮半島を確保することでした。

 

両国の激突は、上記のように2月8日、海軍の戦闘から始まります。連合艦隊(東郷平八郎司令官)の駆逐艦が旅順港外にあった露国艦隊を攻撃し、露艦を旅順港内に追い込みました(うち2艦は自沈)。その後、日本側は、軍神・広瀬中佐が戦死することになった旅順港の閉塞作戦を敢行しました。この作戦が功を奏して、以来、同年8月頃まで旅順艦隊は港内に引きこもったままになり、黄海の制海権は完全に我が国が掌握しました。

 

朝鮮半島の確保のため、日本軍の第1軍(司令官黒木大将)は、先鋒を仁川に上陸させ、京城(ソウル)から平壌(ピョンヤン)に前進する一方、主力を鎮南浦(平壌西側)に上陸させ、鴨緑江に向かいました。こうして、朝鮮半島の確保をめぐる日露陸軍の最初の衝突が「鴨緑江の会戦」となりました。日本軍の3コ師団に対してこの正面の露軍は約8コ師団、しかも鴨緑江という河川障害を活用できたのでした。しかし、5月1日払暁、日本は一斉に攻撃し、わずか1日で渡河を敢行した上、国境の既設陣地を突破し、満洲の橋頭堡を確立してしまいました。

 

遼東半島南部の攻防から「遼陽会戦」まで

 

それ以降、陸戦のステージは、遼東半島南部の攻防に移りますが、このため、我が国は第2軍(司令官奥大将)を投入し、遼東半島に“無血上陸”しました。

 

開戦以来、日本海軍は黄海の制海権を保持していましたが、露国の旅順艦隊は強力な陸上砲台に守られて港内に健在していました。大本営は、旅順要塞を攻略することを決定し、新たに2コ師団基幹の第3軍(司令官乃木大将)を編成しました。その一方で、露軍が遼東半島に南下しつつあることを知って、6月以降、遼陽をめざして第1軍に朝鮮半島から西進、第2軍に遼東半島西側を北上させました。

 

作戦の進展に伴い、6月23日、「満洲総司令部」(総司令官大山元帥、総参謀長児玉大将)を編成し、満洲軍を指揮下に入れました。戦争終結のきっかけをつかもうと考えていた日本は、次の「遼陽会戦」を重視し、新たに第4軍(司令官野津大将)を編成して第1軍と第2軍の中間にあたる遼東半島東側を北上させました。

 

8月上旬、遼陽付近に所在した露軍は13コ師団基幹の20万人以上、8月中旬以降、さらに増援が到着すると判断されたのに対して、日本軍は9コ師団基幹の約13万人で挑みました。しかも堅固に陣地を占領し、迎撃準備を整えていた露軍に対して「包囲」(敵の側面や背後に対する攻撃)の態勢をとって決戦を求めたのでした。

 

こうして、8月24日〜9月4日、東方から第1軍、第4軍、第2軍をもって遼陽に向かって攻撃し、ロシア軍と死闘を繰り返しましたが、相互に兵力や弾薬不足に陥り、露軍司令官クロパトキン大将は全軍を撤退させ、日本軍は遼陽を占領したものの、追撃せずに遼陽付近で停止しました。のちに軍神として称賛された橘中佐が戦死したのが本会戦だったことも付記しておきます。

 

この後の10月9日から20日、逆に露軍が攻勢に出て、日本軍の防御の前に失敗した「沙河の会戦」などを経て、決戦は翌春の「奉天会戦」に持ち越されることになりました。(次回以降、「旅順要塞の攻略」「奉天会戦」「日本海海戦」などを振り返ります)

 

 

 

(以下次号)

 

 

お知らせ

 

新元号が「令和」に決まった4月1日、『自衛官が語る災害派遣の記録─被災者に寄り添う支援』(桜林美佐監修/自衛隊家族会編/並木書房発行)が発売となりました。本「メルマガ軍事情報」で毎週月曜日にメルマガを発信されている、本書監修者の桜林美佐氏がすでに4月1日発刊のメルマガで紹介されましたが、私も“仕掛け人”の一人として皆様に本書を紹介しておきたいと思います。

 

 本書は、主に自衛隊員の家族によって構成される自衛隊家族会の機関紙『おやばと』に3年以上にわたって連載された「回想 自衛隊の災害派遣」をまとめたものです。ここには過去50年あまりに実施された陸海空自衛隊の主な災害派遣と、それに従事した指揮官・幕僚・隊員たち37人の証言が収められています。昭和26年のルース台風で当時の警察予備隊が初の災害派遣をして以来、自衛隊はこれまでに4万件を超える災害派遣を実施してきました。激甚災害時の人命救助や復旧支援をはじめ、離島での救急患者の輸送、不発弾処理、水難救助、医療や防疫に至るまでその活動は広範多岐にわたります。

 

しかし、 “災害派遣の「現場」で何が起きているか”について、寡黙な自衛官たちはこれまで多くを語ることはありませんでした。本書には、「阪神・淡路大震災」において、自衛官たちが不眠不休で身を賭して人命救助にあたっていた時に「神戸の街に戦闘服は似合わない」と発言されたことや、厚生省から被災者の入浴支援は「公衆衛生法に反する」と指摘されたとの証言、そして、被災地でご遺体を搬送したら、警察から「検視前に動かすと公務執行妨害になる」と言われたこととか、瓦礫の除去も私有財産を勝手に処分する問題があるなどの証言もあります。さらに、「地下鉄サリン事件」では、自ら防毒マスクを外して安全を確認した化学防護隊長の証言など、脚色も誇張もないリアルな事実が記録されています。

 

自衛隊の災害派遣は常に「被災者のために」が“合い言葉”のようになっています。桜林氏がメルマガでわざわざ取り上げてくれましたが、かくいう私も「有珠山噴火時の災害派遣」の体験談、とくに被災者の欲求は状況によって変化し、「被災者に寄り添う支援」がいかに大変かについて書かせて頂きました。

 

本書には、昭和末期の災害派遣も少し含まれていますが、ほぼ平成時代に生じた災害派遣の記録となっており、平成時代の大きな災害を振り返るための資料価値もあると考えます。すでに店頭に並んでおり、アマゾンなどで購入も可能ですので、自衛隊の災害派遣にご興味のある方は、ぜひご一読いただきますようお願い申し上げます(本書の問い合わせなどは宗像宛でお願い致します)。

 

 

『自衛官が語る災害派遣の記録─被災者に寄り添う支援』
桜林美佐監修/自衛隊家族会編
並木書房発行
http://okigunnji.com/url/28/

 

 

 

(むなかた・ひさお)

 

 

(令和元年(2019年)5月2日配信)



 



著者略歴

宗像久男(むなかた ひさお)
1951年、福島県生まれ。1974年、防衛大学校卒業後、陸上自衛隊入隊。1978年、米国コロラド大学航空宇宙工学修士課程卒。 陸上自衛隊の第8高射特科群長、北部方面総監部幕僚副長、第1高射特科団長、陸上幕僚監部防衛部長、第6師団長、陸上幕僚副長、東北方面総監等を経て2009年、陸上自衛隊を退職(陸将)。 2018年4月より至誠館大学非常勤講師。『正論』などに投稿多数。


最新作を読みたい方はこちらで登録ください(無料)
      ↓↓↓↓
メルマガ購読・解除
 


サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

日本史と世界史に“横串”を入れる
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 日本史と世界史に“横串”を入れる──我が国の歴史を振り返る(創刊準備号) (2018年(平成30年)8月23日配信)です。
日本および日本人の4つの特色
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 日本および日本人の4つの特色──我が国の歴史を振り返る(1) (2018年(平成30年)8月30日配信)です。
「大航海時代」:欧州人と初めての関わり(1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「大航海時代」:欧州人と初めての関わり(1)──我が国の歴史を振り返る(2) (2018年(平成30年)9月6日配信)です。
「大航海時代」:欧州人と初めての関わり(2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「大航海時代」:欧州人と初めての関わり(2)──我が国の歴史を振り返る(3) (2018年(平成30年)9月13日配信)です。
信長・秀吉時代の外交と防衛を考える(1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「信長・秀吉時代の外交と防衛を考える(1)──我が国の歴史を振り返る(4) (2018年(平成30年)9月20日配信)です。
信長・秀吉時代の外交と防衛を考える(2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「信長・秀吉時代の外交と防衛を考える(2)──我が国の歴史を振り返る(5) (2018年(平成30年)9月27日配信)です。
江戸時代初期の外交・防衛を考える(1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「江戸時代初期の外交・防衛を考える(1)──我が国の歴史を振り返る(6) (2018年(平成30年)10月4日配信)です。
江戸時代初期の外交・防衛を考える(2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「江戸時代初期の外交・防衛を考える(2)──我が国の歴史を振り返る(7) (2018年(平成30年)10月11日配信)です。
「治安維持」のための江戸時代の諸制度
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「治安維持」のための江戸時代の諸制度──我が国の歴史を振り返る(8) (2018年(平成30年)10月18日配信)です。
長く続いた“太平の世”
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「長く続いた“太平の世”──我が国の歴史を振り返る(9) (2018年(平成30年)10月25日配信)です。
欧州諸国の「大変革」(前段)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「欧州諸国の「大変革」(前段)──我が国の歴史を振り返る(10) (2018年(平成30年)11月1日配信)です。
欧州諸国の「大変革」(後段)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「欧州諸国の「大変革」(後段)──我が国の歴史を振り返る(11) (2018年(平成30年)11月8日配信)です。
江戸中期以降の我が国周辺情勢と混乱(その1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「江戸中期以降の我が国周辺情勢と混乱(その1)」 ──我が国の歴史を振り返る(12) (2018年(平成30年)11月15日配信)です。
江戸中期以降の我が国周辺情勢と混乱(その2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「江戸中期以降の我が国周辺情勢と混乱(その2)」 ──我が国の歴史を振り返る(13) (2018年(平成30年)11月22日配信)です。
「ペリー来航」と開国(その1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「ペリー来航」と開国(その1)」 ──我が国の歴史を振り返る(14) (2018年(平成30年)11月29日配信)です。
「ペリー来航」と開国(その2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「ペリー来航」と開国(その2)」 ──我が国の歴史を振り返る(15) (2018年(平成30年)12月6日配信)です。
江戸幕府の滅亡(その1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「江戸幕府の滅亡(その1) (2018年(平成30年)12月13日配信)です。
江戸幕府の滅亡(その2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「江戸幕府の滅亡(その2) (2018年(平成30年)12月20日配信)です。
江戸幕府の滅亡(その3)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「江戸幕府の滅亡(その3) (2018年(平成30年)12月27日配信)です。
「明治維新」と諸外国の関わり
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「明治維新」と諸外国の関わり (2019年(平成31年)1月10日配信)です。
「明治維新」による国家の大改造(その1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「明治維新」による国家の大改造(その1)  (2019年(平成31年)1月17日配信)です。
「明治維新」による国家の大改造(その2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「明治維新」による国家の大改造(その2)  (2019年(平成31年)1月24日配信)です。
「明治維新」による国家の大改造(その3)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「明治維新」による国家の大改造(その3)  (2019年(平成31年)1月31日配信)です。
「明治維新」による国家の大改造(その4)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「明治維新」による国家の大改造(その4)  (2019年(平成31年)2月7日配信)です。
「明治維新」による国家の大改造(その5)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「明治維新」による国家の大改造(その5)  (2019年(平成31年)2月14日配信)です。
明治時代の「国民精神」を育てたもの
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「明治時代の「国民精神」を育てたもの  (2019年(平成31年)2月21日配信)です。
「日清戦争」の原因と結果(その1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「日清戦争」の原因と結果(その1)」  (2019年(平成31年)2月28日配信)です。
「日清戦争」の原因と結果(その2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「日清戦争」の原因と結果(その2)」  (2019年(平成31年)3月7日配信)です。
「日清戦争」の原因と結果(その3)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「日清戦争」の原因と結果(その3)」  (2019年(平成31年)3月14日配信)です。
「日清戦争」の原因と結果(その4)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「日清戦争」の原因と結果(その4)」  (2019年(平成31年)3月21日配信)です。
“アジアを変えた”「日清戦争」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「“アジアを変えた”「日清戦争」」  (2019年(平成31年)3月28日配信)です。
世界を驚かせた「日英同盟」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「世界を驚かせた「日英同盟」」  (2019年(平成31年)4月4日配信)です。
「日露戦争」開戦までの情勢(前段)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「日露戦争」開戦までの情勢(前段)」  (2019年(平成31年)4月11日配信)です。
「日露戦争」開戦までの情勢(後段)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「日露戦争」開戦までの情勢(後段)」  (2019年(平成31年)4月18日配信)です。
日露の「戦力」と「作戦計画」比較
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「日露の「戦力」と「作戦計画」比較」  (2019年(平成31年)4月25日配信)です。
「日露戦争」の経過と結果(その2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「日露戦争」の経過と結果(その2)」  (2019年(令和元年)5月9日配信)です。
「日露戦争」の経過と結果(その3)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「日露戦争」の経過と結果(その3)」  (令和元年(2019年)5月16日配信)です。
“新たな時代の幕開け”となった「講和条約」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「“新たな時代の幕開け”となった「講和条約」 」  (令和元年(2019年)5月23日配信)です。
陸・海軍対立のはじまり
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「陸・海軍対立のはじまり」  (令和元年(2019年)5月30日配信)です。
20世紀を迎え、様変わりした国際社会
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「20世紀を迎え、様変わりした国際社会」  (令和元年(2019年)6月6日配信)です。
揺れ動く内外情勢の中の「明治時代」の終焉
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「揺れ動く内外情勢の中の「明治時代」の終焉」  (令和元年(2019年)6月13日配信)です。
「激動の昭和」に至る“道筋”を決めた「大正時代」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「激動の昭和」に至る“道筋”を決めた「大正時代」」  (令和元年(2019年)6月20日配信)です。
第1次世界大戦と日本
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 第1次世界大戦と日本」 (令和元年(2019年)6月27日配信)です。
「ロシア革命」と「シベリア出兵」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「ロシア革命」と「シベリア出兵」 (令和元年(2019年)7月4日配信)です。
第1次世界大戦と日本ー相次ぐ派兵要請ー
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「第1次世界大戦と日本ー相次ぐ派兵要請ー」 (令和元年(2019年)7月11日配信)です。
「第1次世界大戦」の終焉と「ヴェルサイユ条約」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「第1次世界大戦」の終焉と「ヴェルサイユ条約」」 (令和元年(2019年)7月18日配信)です。
「第1次世界大戦」の歴史的意義
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「第1次世界大戦」の歴史的意義」 (令和元年(2019年)7月25日配信)です。
“歴史的岐路”となった「ワシントン会議」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「“歴史的岐路”となった「ワシントン会議」」 (令和元年(2019年)8月1日配信)です。
「大正時代」が“残したもの”
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「大正時代」が“残したもの”」 (令和元年(2019年)8月8日配信)です。
“波乱の幕開け”となった「昭和時代」(前段)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「“波乱の幕開け”となった「昭和時代」(前段)」 (令和元年(2019年)8月15日配信)です。
“波乱の幕開け”となった「昭和時代」(後段)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「“波乱の幕開け”となった「昭和時代」(後段)」 (令和元年(2019年)8月22日配信)です。
第2次世界大戦を引き起こしたアメリカ発の「世界恐慌」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「第2次世界大戦を引き起こしたアメリカ発の「世界恐慌」」 (令和元年(2019年)8月29日配信)です。
「満州事変」の背景と影響@―日本と満州の関係―
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「満州事変」の背景と影響@―日本と満州の関係―」 (令和元年(2019年)9月5日配信)です。
当時の中国大陸で何が起きていたか?
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「当時の中国大陸で何が起きていたか?」 (令和元年(2019年)9月12日配信)です。
「満州事変」前夜と勃発
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「満州事変」前夜と勃発」 (令和元年(2019年)9月19日配信)です。
昭和陸軍の台頭
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「昭和陸軍の台頭」 (令和元年(2019年)9月26日配信)です。
「満州事変」の拡大と国民の支持
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「満州事変」の拡大と国民の支持」 (令和元年(2019年)10月3日配信)です。
満州国建国と国際連盟脱退
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「満州国建国と国際連盟脱退」 (令和元年(2019年)10月10日配信)です。
「二・二六事件」の背景と影響
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「二・二六事件」の背景と影響」 (令和元年(2019年)10月17日配信)です。
「支那事変」に至る日中情勢の変化
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「支那事変」に至る日中情勢の変化」 (令和元年(2019年)10月24日配信)です。
「盧溝橋事件」から「支那事変」へ
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「盧溝橋事件」から「支那事変」へ」 (令和元年(2019年)10月31日配信)です。
「支那事変」の拡大と「南京事件」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「支那事変」の拡大と「南京事件」」 (令和元年(2019年)11月7日配信)です。
「支那事変」止まず、内陸へ拡大
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「支那事変」止まず、内陸へ拡大」 (令和元年(2019年)11月14日配信)です。
“歴史を動かした”ソ連の陰謀
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「“歴史を動かした”ソ連の陰謀」 (令和元年(2019年)11月21日配信)です。
世界に拡散した「東亜新秩序」声明
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「世界に拡散した「東亜新秩序」声明」 (令和元年(2019年)11月28日配信)です。