「大東亜戦争」の総括(その3)

本サイトの記事が配信されたメルマガ軍事情報の登録はこちらで(無料)
    ↓↓↓↓
メルマガ購読・解除
 

はじめに

 

 Y様から「大政翼賛会がなぜ成立したか、コロナで一斉自粛を始めた国民性と関係しているのではないか。どうやって国家総動員が形成形跡されたのか」旨のご質問がありました。まずは、このような疑問を持ちつつ、毎回メルマガをお読みいただき心より御礼申し上げます。

 

メルマガ本文の中で、近衛新党から大政翼賛会になった経緯、国家総動員法についても陸軍統制派や革新官僚、それに近衛内閣のスタッフ(実は共産主義者やその協力者など)の一致した政局判断であり、そのための政策だったことについては説明しております。

 

実は、次号の102話で、夏目漱石が「日本の開花」を「軽薄で虚偽で上滑りしたものだった」と語っていたことを数学者の藤原正彦氏が取り上げ、「その国民精神は、今もあてはまる」旨の解説をしていると紹介する予定です。
私は、大政翼賛会もコロナ自粛もその範疇、つまり明治以来、変わることのない、“上滑りな国民精神”が根底にあると思っています。細部は次回、取り上げますので、お待ちいただきたいと願っております。

 

さて、前回取り上げました青年将校らの行動に関連して、個人的な思い出があります。若かりし頃、自衛隊の「隊歌」を練習させられる機会がありました。その中に、「べきらの淵に波騒ぎ ふざんの雲は乱れ飛ぶ 混濁の世に我立てば 義憤に燃えて血潮湧く」との歌詞からなる『昭和維新の歌』もありました。もちろん、教えている方も習う方も歌詞の意味など知ろうとするはずもありません。

 

のちのち、この歌詞こそが、青年将校たちの目に映った「当時の世情」であり、国家改造の先頭に立とうとする熱意がほとばしった歌であることがわかります。細部は本文で触れましょう。

 

軍が“独立した政治意識”を持つに至った要因

 

軍という圧倒的な力を持った組織がなぜ“独立した政治意識”を持つに至ったのでしょうか? 前回取り上げました竹山道雄氏は、@青年将校の運動、A軍の国体精神、B大東亜共栄圏建設と国内改革という3ステップを踏んだと解説します。

 

まず、青年将校の運動ですが、昭和初期、「赤にあらずんば人にあらず」との左翼思想がインテリの間にまん延し、若い世代は完全に政治化します。インテリ層は武器を持っていなかったのですぐに弾圧されますが、その風潮が若い将校たちに伝搬し、軍人特有の形に“変形”していきます。

 

特に、多くの軍人が農家や中産階級出身であったことから、社会の不正を憎み、苦しんでいる人々に同調する“激情”を保持している点ではインテリ層の動機とほぼ同じでした。唯一の違いは、インテリ層がマルクス・レーニン主義に則り天皇と祖国を否定したのに対して、国防に任ずる将校たちはこれらを肯定し、絶対視します。

 

しかも、将校たちが求めていた「天皇制」は、イギリス的な立憲君主的天皇制(“機関説的性格”とも言われます)ではなく、国家の一元的意思の体現者としてプロシア的な、いわゆる“統帥権的天皇”でした。

 

そればかりか、立憲君主的天皇を支えていた政党、財閥、官僚、軍閥を否定します。中でも、大正デモクラシー以来の自由主義政党による“腐敗”に反発して軍国的な国家社会主義を目指すのです。

 

この動きは、「昭和維新」を唱える昭和初期の「五・一五事件」や「二・二六事件」に始まり、やがて、軍全体が「国を救う者は自分たちだけである」との異常なまでの自尊心を誇示し、「天皇親政」のもとの「皇軍」に代表される圧倒的な力を確立していきます。

 

当然、背景に、「世界恐慌」以降、国民経済が疲弊し、政治においては政党や官僚に対する不信感から、このような軍の動きを強烈に支持した社会の機運(国民の総意)がありました。

 

共産主義者達の暗躍

 

その上、青年将校ら軍人には“思いがけない応援団”もおりました。すでに紹介しましたように、青年将校らの現状打破・革新への思想を巧みに利用した、ゾルゲや尾崎秀美など共産主義者グループです(三田村武夫著『戦争と共産主義』より)。

 

彼らは、コミンテルンの戦略に基づき、日米戦争を画策して我が国を敗戦に導こうとの“謀略”を働かせ、一連のスパイ活動を実施しますが、やがて軍人の一部のみならず、革新官僚、近衛政権内の要人らとも連携し、統制経済の実施をはじめ、当時の主要な政策を陰で主導します。

 

こうして、国民の圧倒的な支持を得た「満州事変」を契機に、「日中戦争」、さらには、「八紘一宇」のもとの「大東亜共栄圏構想」へと拡大して、「日米戦争」、そしてついには敗戦という結果に繋がります。

 

昭和天皇の敗因分析(まとめ)

 

まとめますと、敗戦のご聖断と「二・二六事件」のご決断を除き、昭和天皇は立憲君主の立場を終始貫きます。敗戦の原因を語る数少ない天皇のお言葉の中に、山県、大山、山本等の如き陸海軍の名将がいなかったことを嘆かれますが、戦争が始まるや実質的に「輔弼責任」を有する国務大臣も機能せず、立憲君主制そのものが崩壊していたのでした。

 

その上、ご指南役たる元老も不在、枢密院の権限も低下するなど、まさに、明治時代と似ても似つかない我が国の統治制度における“裁可者”として、孤立無援だった天皇の“嘆き”だったと推測されます。

 

岡崎久彦氏は「戦前の重要な政治的結果のどれをとってみても、一人の人間にその責任をなすりつけたり称賛したりするのは不可能だ」とも解説していますが、我が国の破綻の根本は、「不磨(ふま)の大典」とした明治憲法をはじめ、顧みることなかった我が国の統治制度が、“時勢”への適応性を欠いてしまったことにあると考えざるを得ないのです。

 

作戦参謀が残された「大東亜戦争」の教訓
 

 

 さて、「大東亜戦争」総括の2番目に話題を変えましょう。「振り返れば、すべて苦しみの連続だった」として『幾山河』と題した回想録をはじめ、『祖国再生』『大東亜戦戦争の実相』などを上梓された瀬島龍三氏は「大東亜戦争」の間、主に陸軍参謀本部の作戦参謀として勤務され、陸軍首脳部の内側において戦争を実体験されました。戦争末期には関東軍参謀に転属、そこで終戦を迎えられ、シベリア抑留も体験しておられます。

 

 瀬島氏はまた、山崎豊子の小説『不毛地帯』のモデルの一人だったことやソ連のスパイ説なども取りざたされましたが、これらの書籍を通じて瀬島氏が後世に残し、伝えたかった“事実”について、私ごときがとやかく論じる資格も知見もありません。

 

しかし読めば、旧軍の将校たちの“実像”、つまり“国家の存亡を背負って正面から取り組んだ軍人たちの生きざま”――確かに今日の判断基準で見れば、未熟で、かつ間違いもあったかも知れませんが――を偽ることなく後世に残そうとした 瀬島氏の“思い”がひしひしと伝わって来ることは間違いありません。

 

 その中で、瀬島氏が残された「『大東亜戦争』の教訓」を紹介し、若干の分析を試みたいと考えます。

 

 瀬島氏は、「大東亜戦争」の性格を@大東亜戦争は、あくまで自存自衛の受動戦争であって米国を敵とした計画戦争ではなかった、A日本から要請した首脳会談を米国が拒否し、首脳会談が適わなかったことは残念だった、B戦争の責任は日本に一方的にあるのではなく、米国にも戦争の責任がある、とした上で以下のような7つの教訓を掲げております。

 

 まず教訓の第1は、「賢明さを欠いた日本の大陸政策」です。我が国が「ハルノート」を受諾できなかったのは、まさに我が国の大陸政策を否定されたからでした。これは国家の威信の全面否定であったと瀬島氏はとらえています。

 

 幕末から明治にかけて、我が国は、北からはロシアの南下、南からはインドや清国を植民地化したイギリスの2大強国が迫ってくるという国家存亡の危機にあって、自衛独立の機能が欠如していた朝鮮半島、そしてロシアの満州占領を放任したままの大陸情勢から、国防上「開国進取」を国是にかかげ、日清・日露戦争を実施しました。

 

両戦争の勝利によって得た大陸の権益は、やがて政治的、経済的、軍事的勢力圏建設へと変貌し、「満州事変」から「支那事変」と発展していきます。背景に、日本の国土狭小、資源貧弱、人口過密に加え、「世界恐慌」による世界経済のブロック化がありました。

 

この大陸政策は、国民的合意を得たものでありましたが、中国ばかりでなく、中国進出を企図する米国からも否定され、日米戦争の要因となります。

 

瀬島氏は「結果論として、様々な事情があったにせよ、日本の大陸政策はその限界、方法、節度において賢明ではなかった」と断じております。

 

教訓の第2は「早期終結を図れなかった支那事変」です。本メルマガでもどのような経緯を経て「支那事変」が拡大して行ったかについて触れましたが、瀬島氏は「支那事変は満州事変の終末戦」として陸軍中央部に拡大反対派が存在した事実、そして目的を「満州国承認」のひとつに絞り、早期終結を図るべきだったと回顧します。

 

この考えは「支那事変」の拡大を強硬に反対して左遷された石原莞爾や当時の参謀次長の多田駿と共通します。改めて、武藤章ら陸軍の強硬派と海軍、さらに近衛内閣の大勢により事変の拡大を図ったことが悔やまれます。

 

教訓の第3は「時代に適応しなくなった旧憲法下の国家運営能力」です。その趣旨はすでに本メルマガの第99・100話で紹介した内容と全く同じです。

 

瀬島氏は、東條英機といえども、最後は国務大臣の岸信介の辞職拒否によって総辞職のやむなきに至ったことを取り上げ、非常事態においても一国務大臣のポストを自由にできなかった明治憲法の実体(欠陥)を指摘しています。

 

教訓の第4は「軍事が政治に優先した国家体制」です。これについてもすでに取り上げましたが、「統帥権の独立」により政略と軍事戦略の統合を必要とする国家意思の決定について、政府と統帥部の協議を待たねばならなかったこと、しかも軍事戦略を伴う決定は、ややもすると統帥部の実質的イニシアチブによって行なわれたこと、さらに「軍部大臣現役武官制」によって内閣を打倒し得たことを取り上げます。それに加え、「五・一五事件」や「二・二六事件」などのテロの脅威が“政治に対する軍事優先”に拍車をかけたとしています。

 

教訓の第5は「国防方針の分裂」です。国防方針をめぐる陸海軍の対立は明治時代にさかのぼります。以来、陸軍がロシアを、海軍が米国を想定敵国として軍を建設してきましたが、昭和になり、陸軍は自ら推進してきた大陸政策を米国に否定されたため、対米主戦論に傾き、逆に海軍が対米慎重論に傾きます。

 

一方、「大東亜戦争」開始直前まで、日本国民のだれもが米国との戦争など考えていなかった中にあって、その海軍が日米戦争の口火を切ったのは、「戦争抑止軍備が時に戦争促進軍備になるという軍事力の持つ“慣性”であり、海軍もその轍を踏んだ」と解説します。

 

陸海軍ともに、自軍軍備建設に好都合な国策を主張して対立を続けましたが、言葉を代えれば「自軍軍備あるを知って、国家あるを知らざる状態」が続いたことを「誠に悲劇だった」と述懐しています。

 

教訓の第6は「的確さを欠いた戦局洞察」です。戦局の将来を的確に洞察することがいかに至難なことであるか、しかし、「戦争最高指導部の最大の使命は戦局の洞察にある」ということを瀬島氏は改めて指摘します。

 

何度も取り上げましたように、楽観的な「支那事変」の見積り、そして欧州正面、中でも大英帝国の崩壊予測や独ソ戦の早期決着などに加え、「大東亜戦争」初戦においても、太平洋正面作戦は海軍の艦隊決戦によって決着すると判断したことから、対米英蘭作戦に充当する陸軍兵力の見積り誤りなど、随所に及びました。
教訓の第7は「実現に至らなかった首脳会談」です。国家間における話し合い、特に責任ある首脳会談の重要性をあげています。

 

昭和16年8月の日米首脳会談、また「東條内閣が発足して国策再検討を行っていた頃に首脳会談が実施されなかったことは誠に残念であった」とし、「もし実現しておれば日本の破局は回避し得たかも知れない」と分析しています。その上で、日本側は、「対米戦争を決断した際にも首脳会談を執拗に提案し、破局の打開を希求すべきだった」としています。

 

首脳会談の重要性は、当時の教訓だけに留まらず、現下の国際情勢においてもそのまま通ずるものでありましょう。

 

 以上挙げました7つの教訓は、戦後に回顧したとはいえ、実際の作戦参謀としての経験から掛け値なしの“本音”と思われるだけに一つ一つに重みがあります。

 

この7つの教訓は即、我が国が破局に至った要因でもあり、歴史の「if」、つまりこのうち一つでも「そうならなかったら」あるいは「それが実現したら」と仮定すると、我が国の命運が様変わりしたであろうことは容易に想像つきます。

 

旧軍を批判するのは簡単です。しかし、ここに掲げられているような教訓をすべて“昭和の軍人のせい”とするのはあまりに史実と違い、無理があることは明白です。

 

そして、将来の我が国の平和と安寧を維持するためにこそ、これらの教訓を活かすことが肝心と考えます。当然、当時とは情勢も全く違いますが、教訓第3の「時代に適応しなくなった旧憲法下の国家運営能力」などは、“時代や情勢の変化に応じて国家運営能力を柔軟に適応させていく重要性“を訴えております。

 

私たちは現在、戦前の教訓を活かし切れず、おなじ過ちを犯そうとしているのではないでしょうか。真剣に考えるべき時期に来ていると声を大にして言いたいと思います。

 

この原稿をしたためていた9月4日は、偶然にも瀬島氏の命日にあたります。平成19年同日、瀬島氏は95歳の天命を全うされました。不思議な縁を感じます。

 

 

 

(以下次号)

 

 

(むなかた・ひさお)

 

 

 

(令和二年(2020年)9月17日配信)



 



著者略歴

宗像久男(むなかた ひさお)
1951年、福島県生まれ。1974年、防衛大学校卒業後、陸上自衛隊入隊。1978年、米国コロラド大学航空宇宙工学修士課程卒。 陸上自衛隊の第8高射特科群長、北部方面総監部幕僚副長、第1高射特科団長、陸上幕僚監部防衛部長、第6師団長、陸上幕僚副長、東北方面総監等を経て2009年、陸上自衛隊を退職(陸将)。 2018年4月より至誠館大学非常勤講師。『正論』などに投稿多数。


本サイトの記事を配信したメルマガ軍事情報の登録はこちらで(無料)
      ↓↓↓↓
メルマガ購読・解除
 


サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

日本史と世界史に“横串”を入れる
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 日本史と世界史に“横串”を入れる──我が国の歴史を振り返る(創刊準備号) (2018年(平成30年)8月23日配信)です。
日本および日本人の4つの特色
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 日本および日本人の4つの特色──我が国の歴史を振り返る(1) (2018年(平成30年)8月30日配信)です。
「大航海時代」:欧州人と初めての関わり(1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「大航海時代」:欧州人と初めての関わり(1)──我が国の歴史を振り返る(2) (2018年(平成30年)9月6日配信)です。
「大航海時代」:欧州人と初めての関わり(2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「大航海時代」:欧州人と初めての関わり(2)──我が国の歴史を振り返る(3) (2018年(平成30年)9月13日配信)です。
信長・秀吉時代の外交と防衛を考える(1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「信長・秀吉時代の外交と防衛を考える(1)──我が国の歴史を振り返る(4) (2018年(平成30年)9月20日配信)です。
信長・秀吉時代の外交と防衛を考える(2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「信長・秀吉時代の外交と防衛を考える(2)──我が国の歴史を振り返る(5) (2018年(平成30年)9月27日配信)です。
江戸時代初期の外交・防衛を考える(1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「江戸時代初期の外交・防衛を考える(1)──我が国の歴史を振り返る(6) (2018年(平成30年)10月4日配信)です。
江戸時代初期の外交・防衛を考える(2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「江戸時代初期の外交・防衛を考える(2)──我が国の歴史を振り返る(7) (2018年(平成30年)10月11日配信)です。
「治安維持」のための江戸時代の諸制度
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「治安維持」のための江戸時代の諸制度──我が国の歴史を振り返る(8) (2018年(平成30年)10月18日配信)です。
長く続いた“太平の世”
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「長く続いた“太平の世”──我が国の歴史を振り返る(9) (2018年(平成30年)10月25日配信)です。
欧州諸国の「大変革」(前段)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「欧州諸国の「大変革」(前段)──我が国の歴史を振り返る(10) (2018年(平成30年)11月1日配信)です。
欧州諸国の「大変革」(後段)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「欧州諸国の「大変革」(後段)──我が国の歴史を振り返る(11) (2018年(平成30年)11月8日配信)です。
江戸中期以降の我が国周辺情勢と混乱(その1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「江戸中期以降の我が国周辺情勢と混乱(その1)」 ──我が国の歴史を振り返る(12) (2018年(平成30年)11月15日配信)です。
江戸中期以降の我が国周辺情勢と混乱(その2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「江戸中期以降の我が国周辺情勢と混乱(その2)」 ──我が国の歴史を振り返る(13) (2018年(平成30年)11月22日配信)です。
「ペリー来航」と開国(その1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「ペリー来航」と開国(その1)」 ──我が国の歴史を振り返る(14) (2018年(平成30年)11月29日配信)です。
「ペリー来航」と開国(その2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「ペリー来航」と開国(その2)」 ──我が国の歴史を振り返る(15) (2018年(平成30年)12月6日配信)です。
江戸幕府の滅亡(その1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「江戸幕府の滅亡(その1) (2018年(平成30年)12月13日配信)です。
江戸幕府の滅亡(その2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「江戸幕府の滅亡(その2) (2018年(平成30年)12月20日配信)です。
江戸幕府の滅亡(その3)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「江戸幕府の滅亡(その3) (2018年(平成30年)12月27日配信)です。
「明治維新」と諸外国の関わり
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「明治維新」と諸外国の関わり (2019年(平成31年)1月10日配信)です。
「明治維新」による国家の大改造(その1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「明治維新」による国家の大改造(その1)  (2019年(平成31年)1月17日配信)です。
「明治維新」による国家の大改造(その2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「明治維新」による国家の大改造(その2)  (2019年(平成31年)1月24日配信)です。
「明治維新」による国家の大改造(その3)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「明治維新」による国家の大改造(その3)  (2019年(平成31年)1月31日配信)です。
「明治維新」による国家の大改造(その4)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「明治維新」による国家の大改造(その4)  (2019年(平成31年)2月7日配信)です。
「明治維新」による国家の大改造(その5)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「明治維新」による国家の大改造(その5)  (2019年(平成31年)2月14日配信)です。
明治時代の「国民精神」を育てたもの
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「明治時代の「国民精神」を育てたもの  (2019年(平成31年)2月21日配信)です。
「日清戦争」の原因と結果(その1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「日清戦争」の原因と結果(その1)」  (2019年(平成31年)2月28日配信)です。
「日清戦争」の原因と結果(その2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「日清戦争」の原因と結果(その2)」  (2019年(平成31年)3月7日配信)です。
「日清戦争」の原因と結果(その3)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「日清戦争」の原因と結果(その3)」  (2019年(平成31年)3月14日配信)です。
「日清戦争」の原因と結果(その4)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「日清戦争」の原因と結果(その4)」  (2019年(平成31年)3月21日配信)です。
“アジアを変えた”「日清戦争」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「“アジアを変えた”「日清戦争」」  (2019年(平成31年)3月28日配信)です。
世界を驚かせた「日英同盟」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「世界を驚かせた「日英同盟」」  (2019年(平成31年)4月4日配信)です。
「日露戦争」開戦までの情勢(前段)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「日露戦争」開戦までの情勢(前段)」  (2019年(平成31年)4月11日配信)です。
「日露戦争」開戦までの情勢(後段)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「日露戦争」開戦までの情勢(後段)」  (2019年(平成31年)4月18日配信)です。
日露の「戦力」と「作戦計画」比較
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「日露の「戦力」と「作戦計画」比較」  (2019年(平成31年)4月25日配信)です。
「日露戦争」の経過と結果(その1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「日露戦争」の経過と結果(その1)」  (2019年(令和元年)5月2日配信)です。
「日露戦争」の経過と結果(その2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「日露戦争」の経過と結果(その2)」  (2019年(令和元年)5月9日配信)です。
「日露戦争」の経過と結果(その3)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「日露戦争」の経過と結果(その3)」  (令和元年(2019年)5月16日配信)です。
“新たな時代の幕開け”となった「講和条約」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「“新たな時代の幕開け”となった「講和条約」 」  (令和元年(2019年)5月23日配信)です。
陸・海軍対立のはじまり
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「陸・海軍対立のはじまり」  (令和元年(2019年)5月30日配信)です。
20世紀を迎え、様変わりした国際社会
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「20世紀を迎え、様変わりした国際社会」  (令和元年(2019年)6月6日配信)です。
揺れ動く内外情勢の中の「明治時代」の終焉
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「揺れ動く内外情勢の中の「明治時代」の終焉」  (令和元年(2019年)6月13日配信)です。
「激動の昭和」に至る“道筋”を決めた「大正時代」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 「「激動の昭和」に至る“道筋”を決めた「大正時代」」  (令和元年(2019年)6月20日配信)です。
第1次世界大戦と日本
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー 第1次世界大戦と日本」 (令和元年(2019年)6月27日配信)です。
「ロシア革命」と「シベリア出兵」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「ロシア革命」と「シベリア出兵」 (令和元年(2019年)7月4日配信)です。
第1次世界大戦と日本ー相次ぐ派兵要請ー
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「第1次世界大戦と日本ー相次ぐ派兵要請ー」 (令和元年(2019年)7月11日配信)です。
「第1次世界大戦」の終焉と「ヴェルサイユ条約」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「第1次世界大戦」の終焉と「ヴェルサイユ条約」」 (令和元年(2019年)7月18日配信)です。
「第1次世界大戦」の歴史的意義
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「第1次世界大戦」の歴史的意義」 (令和元年(2019年)7月25日配信)です。
“歴史的岐路”となった「ワシントン会議」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「“歴史的岐路”となった「ワシントン会議」」 (令和元年(2019年)8月1日配信)です。
「大正時代」が“残したもの”
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「大正時代」が“残したもの”」 (令和元年(2019年)8月8日配信)です。
“波乱の幕開け”となった「昭和時代」(前段)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「“波乱の幕開け”となった「昭和時代」(前段)」 (令和元年(2019年)8月15日配信)です。
“波乱の幕開け”となった「昭和時代」(後段)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「“波乱の幕開け”となった「昭和時代」(後段)」 (令和元年(2019年)8月22日配信)です。
第2次世界大戦を引き起こしたアメリカ発の「世界恐慌」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「第2次世界大戦を引き起こしたアメリカ発の「世界恐慌」」 (令和元年(2019年)8月29日配信)です。
「満州事変」の背景と影響@―日本と満州の関係―
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「満州事変」の背景と影響@―日本と満州の関係―」 (令和元年(2019年)9月5日配信)です。
当時の中国大陸で何が起きていたか?
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「当時の中国大陸で何が起きていたか?」 (令和元年(2019年)9月12日配信)です。
「満州事変」前夜と勃発
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「満州事変」前夜と勃発」 (令和元年(2019年)9月19日配信)です。
昭和陸軍の台頭
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「昭和陸軍の台頭」 (令和元年(2019年)9月26日配信)です。
「満州事変」の拡大と国民の支持
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「満州事変」の拡大と国民の支持」 (令和元年(2019年)10月3日配信)です。
満州国建国と国際連盟脱退
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「満州国建国と国際連盟脱退」 (令和元年(2019年)10月10日配信)です。
「二・二六事件」の背景と影響
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「二・二六事件」の背景と影響」 (令和元年(2019年)10月17日配信)です。
「支那事変」に至る日中情勢の変化
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「支那事変」に至る日中情勢の変化」 (令和元年(2019年)10月24日配信)です。
「盧溝橋事件」から「支那事変」へ
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「盧溝橋事件」から「支那事変」へ」 (令和元年(2019年)10月31日配信)です。
「支那事変」の拡大と「南京事件」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「支那事変」の拡大と「南京事件」」 (令和元年(2019年)11月7日配信)です。
「支那事変」止まず、内陸へ拡大
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「支那事変」止まず、内陸へ拡大」 (令和元年(2019年)11月14日配信)です。
“歴史を動かした”ソ連の陰謀
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「“歴史を動かした”ソ連の陰謀」 (令和元年(2019年)11月21日配信)です。
世界に拡散した「東亜新秩序」声明
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「世界に拡散した「東亜新秩序」声明」 (令和元年(2019年)11月28日配信)です。
危機迫る“欧州情勢”
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「危機迫る“欧州情勢”」 (令和元年(2019年)12月5日配信)です。
「ノモンハン事件」に至る日ソ対立の背景
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「ノモンハン事件」に至る日ソ対立の背景」 (令和元年(2019年)12月12日配信)です。
「ノモンハン事件」勃発と停戦
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「ノモンハン事件」勃発と停戦」 (令和元年(2019年)12月19日配信)です。
戦争は「石油」で始まり、「石油」で決まる
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「戦争は「石油」で始まり、「石油」で決まる」 (令和元年(2019年)12月26日配信)です。
日米戦争への道程(その1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「日米戦争への道程(その1)」 (令和二年(2020年)1月16日配信)です。
日米戦争への道程(その2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「日米戦争への道程(その2)」 (令和二年(2020年)1月23日配信)です。
日米戦争への道程(その3)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「日米戦争への道程(その3)」 (令和二年(2020年)1月30日配信)です。
日米戦争への道程(その4)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「日米戦争への道程(その4)」 (令和二年(2020年)2月6日配信)です。
日米戦争への道程(その5)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「日米戦争への道程(その5)」 (令和二年(2020年)2月13日配信)です。
日米戦争への道程(その6)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「日米戦争への道程(その6)」 (令和二年(2020年)2月20日配信)です。
日米戦争への道程(その7)「ついに開戦決定」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「日米戦争への道程(その7)「ついに開戦決定」」 (令和二年(2020年)2月27日配信)です。
「大東亜戦争」をいかに伝えるか
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「大東亜戦争」をいかに伝えるか」 (令和二年(2020年)3月19日配信)です。
「大東亜戦争」の戦争戦略
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「大東亜戦争」の戦争戦略」 (令和二年(2020年)3月26日配信)です。
「真珠湾攻撃」の真実
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「真珠湾攻撃」の真実」 (令和二年(2020年)4月2日配信)です。
「ミッドウェー作戦」の真実
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「ミッドウェー作戦」の真実」 (令和二年(2020年)4月9日配信)です。
ガダルカナル島の敗戦が“潮目”に
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「ガダルカナル島の敗戦が“潮目”に」 (令和二年(2020年)4月16日配信)です。
「絶対国防圏」が粉砕して「捷号作戦」へ
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「絶対国防圏」が粉砕して「捷号作戦」へ」 (令和二年(2020年)4月23日配信)です。
「ポツダム宣言」と広島・長崎原爆投下
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「ポツダム宣言」と広島・長崎原爆投下」 (令和二年(2020年)4月30日配信)です。
終戦とマッカーサー来日
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「終戦とマッカーサー来日」 (令和二年(2020年)5月13日配信)です。
米国の「日本研究」とその影響
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「米国の「日本研究」とその影響」 (令和二年(2020年)5月21日配信)です。
「WGIP」の目的と手段
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「WGIP」の目的と手段」 (令和二年(2020年)5月28日配信)です。
「日本国憲法」の制定経緯
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「日本国憲法」の制定経緯」 (令和二年(2020年)6月4日配信)です。
「日本国憲法」の意義と「憲法学の病」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「日本国憲法」の意義と「憲法学の病」」 (令和二年(2020年)6月11日配信)です。
「3R・5D・3S政策」と「東京裁判」
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「3R・5D・3S政策」と「東京裁判」」 (令和二年(2020年)6月18日配信)です。
占領期初期の欧州および周辺情勢
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「占領期初期の欧州および周辺情勢」 (令和二年(2020年)6月25日配信)です。
情勢変化に伴う占領政策の変容
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「情勢変化に伴う占領政策の変容」 (令和二年(2020年)7月2日配信)です。
「東京裁判」の結果と評価
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「東京裁判」の結果と評価」 (令和二年(2020年)7月9日配信)です。
我が国の安全保障政策をめぐる議論
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「我が国の安全保障政策をめぐる議論」 (令和二年(2020年)7月16日配信)です。
変容する国内情勢と「朝鮮戦争」前夜
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「変容する国内情勢と「朝鮮戦争」前夜」 (令和二年(2020年)7月23日配信)です。
「朝鮮戦争」の経緯と我が国に与えた影響
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「朝鮮戦争」の経緯と我が国に与えた影響」 (令和二年(2020年)7月30日配信)です。
「マッカーサー証言」の意味するもの
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「マッカーサー証言」の意味するもの」 (令和二年(2020年)8月6日配信)です。
「サンフランシスコ講和条約」締結への道程
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「サンフランシスコ講和条約」締結への道程」 (令和二年(2020年)8月20日配信)です。
「サンフランシスコ講和条約」締結と主権回復
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「サンフランシスコ講和条約」締結と主権回復」 (令和二年(2020年)8月27日配信)です。
「大東亜戦争」の総括(その1)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「大東亜戦争」の総括(その1)」 (令和二年(2020年)9月3日配信)です。
「大東亜戦争」の総括(その2)
「我が国の歴史を振り返る」のバックナンバー「「大東亜戦争」の総括(その2)」 (令和二年(2020年)9月10日配信)です。